ティエス調剤薬局グループ

安全と信頼を創る それがティエスの地域貢献|ティエス調剤薬局グループ ティエス調剤薬局グループ

ティエスのタネ。

No,048 患者様も自分も元気になれる薬局目指して No,048 患者様も自分も元気になれる薬局目指して
新年あけましておめでとうございます。本年も社員一同、地域の皆様に信頼いただけるよう心がけ精進する所存でございます。何とぞ昨年同様のご愛願を賜りますよう、お願い申し上げます。
皆様、お正月はいかがお過ごしになられたでしょうか。お正月の食べ物であるお餅・お雑煮を食べて初詣に行かれたのではないでしょうか。そして昨年を振り返り新年の目標を立てた方もいらっしゃることでしょう。
やはり年が明けて新鮮な気分になっていることと、普段多忙な方であっても時間を取りやすいので、目標を立てやすい状態になっているのではないでしょうか。私自身も今年の目標を密かに記し、達成できるように邁進していきたいと思います。
さて、日本の正月には伝統な遊びがありますよね。凧揚げ・コマ回し・羽子板・福笑い・カルタ等です。最近はめっきり姿を見ることがなくなってきました。おそらく今の子供たちは、ゲーム機等がある中で育ってきているので遊びも機器に依存している部分があるのではないでしょうか。それから凧揚げができる場所を探すのも大変かもしれませんね。
昔からの伝統的な遊びには説明書やゲーム機のようなゲームクリアというのがありませんので自らで考え・友人たちと協力し一緒に遊ぶことで、養われる力もあるかと思います。
子供たちも知っていても場所がない、遊び方が分からないとかもあるでしょう。
このような伝統的な行事を継続し伝えていける環境も必要になってきているのかもしれません。
平成28年の最初に寄稿くださったのはティエス調剤薬局 県立尼崎総合医療センター前店 勤務の薬剤師からです。

No,048 患者様も自分も元気になれる薬局目指して ちょうど五年前です。息子がまだ幼く手が掛かり、さらに親の介護度が増してきたこの頃、前に務めていた会社で容赦なく遠方への異動命令が下されました。到底私には継続して働けるはずもなく・・・。でも薬剤師として働きたい!
そんな悪条件の私を受け入れてくれる薬局を方々探し回った挙句、ティエスプランにたどり着きました。 ここは自分の意見や提案を検討してくれる門戸が開かれていて、自身の経験してきた事を生かせる場所であり、自分が押し潰されることもない場所。(自分が潰れたら、いい仕事なんてできませんからね。)
今年7月に私は自身の希望で尼崎総合医療センター前店に異動しました。この5年間やってきたやりがいのある地域密着型で患者様との距離のとても近い薬局から広域型への転換です。でも私の姿勢は変わりません。だって患者様やご家族のよろこぶ顔が見たいから。患者様の病気がよくなっていくのが見たいから。患者様が元気になるのに役立ちたいから。
そして病気の赤ちゃんを抱えながら家事や仕事に追われるお母さん、介護に疲れ果てながら薬局に付き添って来局される方々、私はあなたの気持ちがわかります。でも押しつぶされたら困りますよね。思いを吐き出してもらいたい。
薬局に来られたすべての方に、入って来られた時よりお帰りになられる時のお顔が少しでも晴れやかになっていただきたい、そんな気持ちで毎日を送っています。
薬剤師として心掛けている事は、知識の向上だけでなく、その知識をベースにし、患者様の生活や患者様が抱えている問題を感じ取り、薬の服用がスムーズになるよう患者様と一緒に考えることです。 これからも薬の専門家として患者様が服用するまでを見届けたいと思っています。
これからも、薬剤師の仕事はお薬をお渡しして終わり とは考えず、患者さんの健康的な生活に貢献できるような情報をお伝えし続けたいと思います。


                         〜県立尼崎総合医療センター前店 薬剤師〜



それでは今回はこの辺で。
次回のティエスのタネをお楽しみに。

バックナンバーはこちら