ティエス調剤薬局グループ

安全と信頼を創る それがティエスの地域貢献|ティエス調剤薬局グループ ティエス調剤薬局グループ

ティエスのタネ。

No,030 薬剤師としてのこれまでの私・これからの私 No,030 薬剤師としてのこれまでの私・これからの私
本格的に暑くなってきましたね〜。二十四節季では7月23日が「大暑」とされ、1年の間でもっとも暑い日なんだそうです。でも8月に入った方がもっと暑い気がしますが…。
この季節はどうしてもお部屋の冷房を全開で、冷たいものを多く摂りがちになってしまうのですが、何事も加減が大事です。
またどうしても職場や、休日の際のお出かけ先にあるお店や公共施設などでは温度調整が一律になりがちで、ご自身が着衣等で調整を心がけるしか仕方ありませんが、我慢していると大変なことになる可能性があります。
「冷房症」っていう病気があるのをご存じですか?冷房症とは室内で冷房により体を冷やしすぎたり、暑い外気に触れたりを繰り返すことにより、自律神経が麻痺を起してしまう病気です。
自律神経が麻痺をしてしまうことにより人間の持つ体温調整機能が低下してしまい、倦怠感・頭痛・肩こりといった症状の原因となるようです。
冷房症の対策としては、しっかりと三食、食事を摂ることや、軽い運動をすることが良いようです。
日頃から健康管理を心がけて、しっかりと基礎体力をつけてこの夏を乗り切りましょう!

今回はティエス調剤薬局グループの物部店で働く薬剤師からの寄稿です。

そもそも私が薬剤師になりたいと思ったきっかけは、こどもの頃かなりの虚弱児でよく薬を服用していた事です。
薬を飲む事が大嫌いでした。どうして薬を飲まなければならないのか理解できないまま飲まされている感じが嫌でした。
そういう経験から薬剤師という仕事に興味をもつようになり、現在ティエスグループの調剤薬局に管理薬剤師として勤務しています。
No,030 薬剤師としてのこれまでの私・これからの私 自分が感じたように薬局に来られる患者様も色々な事を考えていらっしゃると思います。
処方された薬の効果はどんなものか、副作用はあるのか、他の薬やサプリメント、食べ物との飲み合わせは大丈夫か等々。
そういう疑問や不安を解消して安心・安全に薬を使用していただけるように、患者様の個々にあわせた説明をするよう心掛けています。
患者様から「良くなったよ。ありがとう。」と言われた時は涙が出るほどうれしかったり、改善すべき所を指摘されると反省したりして日々の業務に勤しんでおります。
今後は、在宅医療や地域の皆さんのセルフメディケーションの手助けができる仕事にも携わる事ができればいいなと考えています。
これからの目標は、薬剤師としてスキルアップして、自分のしている仕事が少しでも地域社会に貢献する事です。

                         〜ティエス調剤薬局 物部店 薬剤師〜

それでは今回はこの辺で。
次回のティエスのタネもお楽しみに。

バックナンバーはこちら